コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングリ tngri

世界大百科事典 第2版の解説

テングリ【tngri】

トルコ族,モンゴル族における物質的実在としての天,およびシャマニズム神観上の精神的実在としての天神,または天神の下にいる神々をいう。モンゴル語ではtegri,tenggeriとも表記され,tängriは古代トルコ語のローマ字表記である。蒼天そのものに対する崇敬から天の神格化が行われた。天は人に定命と霊を与える。そして天は世界秩序の維持者であり,人を加護するが,罰も加える。罰は彗星,凶作,洪水などの自然現象によって告知され,人はそれによって反省する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテングリの言及

【天】より

…たとえば,匈奴(きようど)が天を祭ったことは《史記》や《漢書》にみえているし,北魏をおこした拓跋(たくばつ)部にも同様の記録がある(《魏書》)。モンゴル族の至上神テングリtengriは同時に天空を意味し,今日においてもアルタイ系民族,アジア極北民族,フィン・ウゴル語族系諸族の多くは,天空と至上神とを同じ言葉であらわしている。ユダヤ教,キリスト教,イスラム教などにおける上天の唯一神,中国における天の信仰ないし思想も,もとは同根だとし,そこに農耕的=母権的な地母神信仰に対する,遊牧的=父権的文化の特性を見いだそうとする試みもなされている(石田英一郎)。…

※「テングリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テングリの関連キーワードテンシャン(天山)山脈イヌイリチェク氷河アクス(阿克蘇)イニルチェク氷河ハンガイ[山脈]ナムツォ[湖]トムール[山]バイ(中国)ポベダ[峰]ポベーダ峰イリ[川]牟羽可汗登利可汗ナムツオ天山山脈新疆天山キルギスイリ川ナム湖

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android