コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンピエット tempietto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンピエット
tempietto

イタリア語で「小神殿」の意。 D.ブラマンテの設計したローマのサン・ピエトロ・イン・モントーリオのテンピエット (1502) が盛期ルネサンスの最もすぐれた作品としてよく知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

テンピエット【Tempietto】

ローマにある小規模な円形堂。1502年建造。ブラマンテ設計。盛期ルネサンス最初の建築物として重要。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

テンピエットの関連キーワードセント・ポール大聖堂トスカナ式オーダーイタリア語建築物

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android