コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンペリアウキオ教会 テンペリアウキオキョウカイ

2件 の用語解説(テンペリアウキオ教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テンペリアウキオ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【テンペリアウキオ教会】

Temppeliaukionkirkko》フィンランドの首都、ヘルシンキにあるルーテル派の教会。同国の建築家、スオマライネン兄弟の設計により、1969年建造。小高い丘にある天然の岩盤をくりぬいて作られているため、「岩の教会」とも呼ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

テンペリアウキオきょうかい【テンペリアウキオ教会】

フィンランドの首都ヘルシンキ(Helsinki)市街中心部のテンペリアウキオ地区にある、福音ルーテル派の教会。1961年のデザインコンペで採用されたスオマライネン兄弟の設計案により建設が行われ、1969年に完成した。大岩を5~10mくりぬいて、岩を壁として用いた大胆な現代建築で、内側の壁はむき出しの岩盤になっていて、岩肌のさまざまな色彩が美しさを引き立てている。また、銅製の直径24mの天井と岩の間には、180のガラスをはめ込んだ採光の窓があり、教会内は非常に明るい。音響効果がすぐれているため、しばしばコンサートホールとしても利用されているほか、こうした建物の意匠から、多くの観光客が集まるスポットになっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テンペリアウキオ教会の関連キーワードヘルシンキ宣言芬蘭スオメンリンナフィン級ヘルシンキ大聖堂フィンランド放送交響楽団ヘルシンキ・シティ・マラソンヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団ヘルシンキの夏至祭ヘルシンキ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テンペリアウキオ教会の関連情報