コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディトレフセン ディトレフセンDitlevsen, Tove

1件 の用語解説(ディトレフセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディトレフセン
Ditlevsen, Tove

[生]1918.12.14. コペンハーゲン
[没]1976
デンマークの女流詩人,小説家。下層階級に生れ,虐待された子供の痛みや悩みをテーマにした作品が多い。詩集『乙女ごころ』 Pigesind (1939) で詩人として認められたが,以後はおもに短編や自伝的な少女小説風の作品を書く。主著『人は一人の子を踏みにじった』 Man gjorde et barn fortræd (41) ,『子供のために』 For barnets skyld (46) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディトレフセンの関連キーワード米騒動干渉戦争新聞小説東欧演劇母性保護論争スペイン風邪米騒動ジーリチェコスロバキア芥川竜之介

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone