コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディトレフセン Ditlevsen, Tove

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディトレフセン
Ditlevsen, Tove

[生]1918.12.14. コペンハーゲン
[没]1976
デンマークの女流詩人,小説家。下層階級に生れ,虐待された子供の痛みや悩みをテーマにした作品が多い。詩集『乙女ごころ』 Pigesind (1939) で詩人として認められたが,以後はおもに短編や自伝的な少女小説風の作品を書く。主著『人は一人の子を踏みにじった』 Man gjorde et barn fortræd (41) ,『子供のために』 For barnets skyld (46) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ディトレフセンの関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))芥川龍之介アポリネール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android