コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディフュージョン defusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディフュージョン
defusion

知名度の高いデザイナーの名前を用いて作られる,値段が手頃な製品。そのデザイナーの主張を保持しつつも,製品化の段階でむだを除き,買手要求にこたえた商品作りを目指している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディフュージョン(diffusion)

普及。拡散。伝播(でんぱ)。
デザイナーズブランドの普及版で、デザイナーの感性やイメージを生かしながら、販売対象を拡大するために、価格を安価に抑えたブランドのこと。ディフュージョンブランド。ディフュージョンライン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ディフュージョン【diffusion】

〔放射、普及、拡散の意〕
高級ブランドの感性を生かした低価格の普及商品。ディフュージョン-ブランド。セカンド-ライン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ディフュージョンの関連キーワードコンポジットインデックス生産営業用設備判断DI資金需要判断指数雇用人員判断DIアラン ドロンシャルトルーズデフュージョンセカンドライン景気動向指数先行判断DI現状判断DI業況判断DI一致指数経済予測景気循環景気指標景気予測セカンドD.I.知名度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android