ディフュージョン(英語表記)defusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディフュージョン
defusion

知名度の高いデザイナーの名前を用いて作られる,値段が手頃な製品。そのデザイナーの主張を保持しつつも,製品化の段階でむだを除き,買手要求にこたえた商品作りを目指している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディフュージョン(diffusion)

普及。拡散。伝播(でんぱ)。
デザイナーズブランドの普及版で、デザイナーの感性やイメージを生かしながら、販売対象を拡大するために、価格を安価に抑えたブランドのこと。ディフュージョンブランド。ディフュージョンライン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ディフュージョン【diffusion】

〔放射、普及、拡散の意〕
高級ブランドの感性を生かした低価格の普及商品。ディフュージョンブランド。セカンドライン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android