デカトロン

化学辞典 第2版「デカトロン」の解説

デカトロン
デカトロン
decatron, dekatron

1946年に発明された,計数専用のグロー放電を利用した放電管.一つの陽極を中心に多数の棒状電極が配置され,そのなかの10本が陰極となっている.陰極はつねにいずれか1本が陽極との間で放電を起こしていて,パルスが入るたびに放電の位置が時計まわりに移動していく.放電の色は封入ガスによって異なり,ネオン入りが赤,アルゴン入りが青紫色である.補助電極の構造によって,ダブルまたはシングルパルスデカトロンがあり,前者は,1発のパルスに対して2発の駆動パルスを必要とするため,モノステーブルマルチなどの補助回路を必要とするが,引き算もできる利点がある.デカトロンの最高計数率はそれほど高くなく,毎秒数万パルス程度である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「デカトロン」の解説

デカトロン
でかとろん

計数放電管

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android