デザグリエ(英語表記)Desaguliers, John Theophilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デザグリエ
Desaguliers, John Theophilus

[生]1683.3.12. ラロシェル
[没]1744.3.10. ロンドン
フランス生れのイギリスの実験物理学者。ユグノー派の牧師の息子。幼くしてイギリスに渡り永住。オックスフォード大学卒業,同大学講師 (1710) 。フリーメーソンのロンドン支部長 (19) 。ロイヤル・ソサエティ会員 (14) 。当時ロイヤル・ソサエティの会長であったニュートンにその実験の手腕を高く買われ,ロイヤル・ソサエティ実験主任として活躍。また生涯をかけた物理学の実験講座とすぐれた教科書は,ニュートン科学の普及に寄与したばかりでなく,その後の科学教育のモデルとして多大の影響を与えた。ロイヤル・ソサエティの機関誌『フィロソフィカル・トランザクション』に力学,光学,電気など 50編以上の論文を発表し,コプリー・メダルを3度受賞した。主著『実験哲学教程』A Course of Experimental Philosophy (第1巻,34) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android