コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジニョフ岬 デジニョフみさき mys Dezhnëva

2件 の用語解説(デジニョフ岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デジニョフ岬
デジニョフみさき
mys Dezhnëva

ロシア北東部,チュクチ半島北東端にある岬。ユーラシア大陸の最東端で,ベーリング海峡をへだててアラスカのプリンスオブウェールズ岬と相対している。 1648年初めてこの岬を回ったロシアの探検家 S.I.デジニョフを記念して,1879年命名された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デジニョフ岬
でじにょふみさき
Мыс Дежнева Ms Dezhneva

ロシア連邦、シベリア北東部のチュコト半島東北端にある岬。北緯66度5分、西経169度40分に位置する。ベーリング海峡に突出したユーラシア大陸最北東端の地。古くはイースト(東)岬East Capeとよばれたが、1648年に初めてこの岬を探検したロシアの探検家デジニョフСемён Иванович Дежнёв/Semyon Ivanovich Dezhnyov (1605ころ―73)を記念して、年にスウェーデンの地質学者ノルデンシェルトが命名。デジネフ岬ともいう。近くにウエーレンの港がある。[須長博明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジニョフ岬の関連キーワードアシール岬下北丘陵チュクチ語チュクチ半島禄剛崎チュコト半島ソマリ半島アトス[山]チュコート半島笠利〈町〉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デジニョフ岬の関連情報