デジレ ランカトーレ(英語表記)Désirée Rancatore

現代外国人名録2016の解説

デジレ ランカトーレ
Désirée Rancatore

職業・肩書
ソプラノ歌手

国籍
イタリア

生年月日
1977年1月29日

出生地
シチリア島パレルモ

経歴
父は地元マッシモ劇場のオーケストラのクラリネット奏者。1991年地元の音楽院の合唱に参加、歌の才能を認められる。’93年より歌手である母から歌を習い始め、ローマでM.ベーカー・ジョノヴェージに師事。’96年19歳でザルツブルク音楽祭のモーツァルトフィガロの結婚」バルバリーナ役でオペラデビュー。’98年イタリア・カターニアのベッリーニ大劇場でオッフェンバックの「ホフマン物語」のオランピアを歌い、この役でパリ・オペラ座、ロンドン・コベントガーデン歌劇場、ウィーン国立歌劇場などでデビューする。2005年パリ・シャンゼリゼ劇場でオルフの「カルミナ・ブラーナ」のソリストを務める。2007年1月ベルガモ・ドニゼッティ劇場の来日公演で「ランメルモールのルチア」のルチアを歌い、日本デビュー。同年4月にはスロベニア国立マリボール歌劇場の来日公演で「ラクメ」のタイトルロールを務める。2010年、ドニゼッティの劇場来日公演で「愛の妙薬」に主演、〈東京・春・音楽祭〉で「カルミナ・ブラーナ」のソリストを務める。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android