コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デスチナチオ デスチナチオdestinatio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デスチナチオ
destinatio

ローマ皇帝アウグスツスの元首政において執政官 (コンスル ) と法務官 (プラエトル ) の選挙の新しい段階を示す語。5年元老院議員と騎士身分 (エクイテス ) より成る選挙人会がパラチヌス丘に招集され,10人1組 (のちに 15人,20人に増加) の単位で投票し,選挙人会の意志を決定する。そこで選ばれた候補者はデスチナチ destinatiと呼ばれた。それは理論上は選挙の保証を意味しないが,実際はそのような機能を演じた。そののち次第に形骸化したようであるが明らかではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android