コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デチェン(徳欽)県 デチェンbde chen; Deqen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デチェン(徳欽)〔県〕
デチェン
bde chen; Deqen

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省北西部,デチェン (迪慶) チベット (蔵) 族自治州北部の県。東はスーチョワン (四川) 省,北と西はチベット (西蔵) 自治区に接する。ホントワン (横断) 山脈のユンリン (雲嶺) 山脈を中心とした高山地帯で,チャン (長) の上流チンシャー (金沙) 江,メコン川の上流ランツァン (瀾滄) 江が深い谷を刻んで南流する。谷底と緩傾斜地でハダカムギトウモロコシ,春コムギを栽培し,ヤク,ヒツジ,ウシの放牧が行われる。森林には漢方薬材が多く,鹿茸麝香冬虫夏草を特産する。チベット自治区のラサ (拉薩) 市に出るティエンツァン (滇蔵) 道路が通る。人口5万 6644 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android