コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッサウアー デッサウアーDessauer, Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッサウアー
Dessauer, Friedrich

[生]1881.7.19. アシャッフェンブルク
[没]1963.2.16. フランクフルト
ドイツの生物物理学者,哲学者。 1921年フランクフルト,34年イスタンブール,37年フライブルク,50年フランクフルトの各大学教授。量子生物学の創始者。放射線による深部治療法に功績があった。また哲学,宗教に関する著述も多く,自然科学,技術,哲学,宗教の新しい総合を試みた。放射線治療法の著書多数のほか,『技術の哲学』 Philosophie der Technik (1927) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デッサウアー【Friedrich Dessauer】

1881‐1963
ドイツの技術者,生物物理学者,哲学者。X線を用いた深部療法および量子生物学の創始者の一人。大学卒業後,X線装置工業に従事。1921年フランクフルト大学教授となる。24年から33年まで中央党所属国会議員としても活動したが,ナチス政権の登場で国外に逃れ,34年イスタンブール大学,37年フライブルク大学の教授を転々とし,50年フランクフルト大学に復帰した。数多くの著作のうち《技術の哲学》(1926),《科学・技術・宗教》(1951)が邦訳されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デッサウアーの関連キーワード7月19日技術論