コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デプシド depside

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デプシド
depside

フェノールカルボン酸のカルボキシル基が,他のフェノールカルボン酸のフェノール性水酸基との間でエステル結合した化合物の総称。タンニン類や地衣類植物の成分に多くみられる。たとえばm-ガロイル没食子酸 (タンニン酸) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デプシド
でぷしど
depside

数分子のフェノールカルボン酸(ヒドロキシ安息香酸、ヒドロキシベンゼンカルボン酸ともいう)が、一方のカルボキシ基と他方のフェノール性ヒドロキシ基とでエステル結合している化合物の総称。フェノールカルボン酸以外にキナ酸などを含む場合がある。デプシドはタンニン類や地衣類の成分として天然に存在し、タンニンは多くの場合、没食子酸(ぼっしょくしさん)を含み、地衣類のデプシドはオルシンを含んでいる。

 たとえば没食子のタンニンは二没食子酸の5個のヒドロキシ基がすべてグルコースと結合した配糖体(グリコシド)である。デプシドは1分子中に含まれるフェノールカルボン酸単位の数により、ジデプシド(2個)、トリデプシド(3個)、テトラデプシド(4個)に分類される。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デプシドの関連キーワード地衣成分

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android