コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デプシド デプシド depside

2件 の用語解説(デプシドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デプシド
デプシド
depside

フェノールカルボン酸カルボキシル基が,他のフェノールカルボン酸フェノール水酸基との間でエステル結合した化合物の総称。タンニン類や地衣類植物の成分に多くみられる。たとえばm-ガロイル没食子酸 (タンニン酸) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デプシド
でぷしど
depside

数分子のフェノールカルボン酸(ヒドロキシ安息香酸、ヒドロキシベンゼンカルボン酸ともいう)が、一方のカルボキシ基と他方のフェノール性ヒドロキシ基とでエステル結合している化合物の総称。フェノールカルボン酸以外にキナ酸などを含む場合がある。デプシドはタンニン類や地衣類の成分として天然に存在し、タンニンは多くの場合、没食子(ぼっしょくしさん)を含み、地衣類のデプシドはオルシンを含んでいる。

 たとえば没食子のタンニンは二没食子酸の5個のヒドロキシ基がすべてグルコースと結合した配糖体(グリコシド)である。デプシドは1分子中に含まれるフェノールカルボン酸単位の数により、ジデプシド(2個)、トリデプシド(3個)、テトラデプシド(4個)に分類される。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デプシドの関連キーワードアシル基カルボキシル基カルボン酸ジカルボン酸オキシカルボン酸カルボキシルアミノ酸デカルボキシラーゼω酸化カルボキシル化ビタミンK依存カルボキシラーゼ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone