コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デプデシン デプデシン

1件 の用語解説(デプデシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デプデシン

癌化した細胞に作用し,正常に戻す活性をもつ化合物。従来の抗癌剤が癌の細胞分裂DNA合成を阻害して癌細胞の増殖を抑えるメカニズムで作用していたのに対して,デプデシンは DNAが合成される段階の癌細胞に作用し,癌化した細胞を6~8時間という短時間で正常細胞に戻すという新しいタイプの物質である。しかし,血液中ですみやかに分解を受けてしまうことなどから,培養細胞段階のデータのみであり,実際の治療に応用できるか否かは今後の研究による。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone