デプデシン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デプデシン

癌化した細胞に作用し,正常に戻す活性をもつ化合物。従来の抗癌剤が癌の細胞分裂や DNA合成を阻害して癌細胞の増殖を抑えるメカニズムで作用していたのに対して,デプデシンは DNAが合成される段階の癌細胞に作用し,癌化した細胞を6~8時間という短時間で正常細胞に戻すという新しいタイプの物質である。しかし,血液中ですみやかに分解を受けてしまうことなどから,培養細胞段階のデータのみであり,実際の治療に応用できるか否かは今後の研究による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android