コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デホン(徳宏)タイ族チンポー(景頗)族自治州 デホンタイぞくチンポーぞくDehong Daizu Jingpozu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デホン(徳宏)タイ族チンポー(景頗)族〔自治州〕
デホンタイぞくチンポーぞく
Dehong Daizu Jingpozu

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省西端,ミャンマーとの国境に接する自治州。ホントワン (横断) 山脈の南西部にあり,国境をカオリーコンシャン (高黎貢山) 山脈が南北に延びる。ターイン (大盈) 江,ロンチョワン (竜川) 江など,エイヤーワディ川水系の諸河川が流れ,国境付近で峡谷を形成する。ワンティン市ほか5県から成り,1953年に自治州となった。行政中心地はルーシー (路西) 県のマンシー (芒市) 。川沿いに開けた 10余の小盆地を中心にイネ,コーヒー,ワタ,サトウキビ,バナナ,パイナップルを栽培する。地下資源は石炭と鉄がある。マンシーを中心に工業も発達し,機械,セメント,化学肥料,製糖,農機具,食品加工などの工場が立地している。住民はタイ族,チンポー族のほか漢族,リス族,アチャン族,パラウン族など。人口 92万 280 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android