デホン(徳宏)タイ族チンポー(景頗)族自治州(読み)デホンタイぞくチンポーぞく(英語表記)Dehong Daizu Jingpozu

  • デホン(徳宏)タイ族チンポー(景頗)族〔自治州〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省西端,ミャンマーとの国境に接する自治州。ホントワン (横断) 山脈の南西部にあり,国境をカオリーコンシャン (高黎貢山) 山脈が南北に延びる。ターイン (大盈) 江,ロンチョワン (竜川) 江など,エイヤーワディ川水系の諸河川が流れ,国境付近で峡谷を形成する。ワンティン市ほか5県から成り,1953年に自治州となった。行政中心地はルーシー (路西) 県のマンシー (芒市) 。川沿いに開けた 10余の小盆地を中心にイネ,コーヒー,ワタサトウキビ,バナナ,パイナップルを栽培する。地下資源は石炭と鉄がある。マンシーを中心に工業も発達し,機械,セメント,化学肥料,製糖農機具,食品加工などの工場が立地している。住民はタイ族,チンポー族のほか漢族,リス族,アチャン族,パラウン族など。人口 92万 280 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android