デメトリオス(1世)(読み)でめとりおす(英語表記)Demetrios Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)「デメトリオス(1世)」の解説

デメトリオス(1世)
でめとりおす
Demetrios Ⅰ
(前336ころ―前283)

マケドニア王(在位前294~前287)。アンティゴノス1世の子。ロードス攻囲(前305)でみせた得意の巨大な台車式ポリヘレス(攻城櫓(こうじょうろ))から、「ポリオルケーテス」Poliorkêtês(攻城者)とあだ名された。父とともにディアドコイ戦争を戦い、紀元前307年アテネを領有、神化を受けた。翌年キプロス島サラミス沖でプトレマイオス(1世)に大勝して父ともどもディアドコイ最初の王号をとなえたがイプソスで敗れ(前301)、のち挽回(ばんかい)してマケドニア王位を得た(前294)。テッサリアに新都デメトリアスを造営。リシマコスやピロス王に侵入されて王国を失い、小アジアでセレウコス1世に降伏(前286)、囚(とら)われのまま死去した(前283)。征服の才のみで統治の器量なく、民心を得なかった。

[金澤良樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android