アンティゴノス(1世)(読み)あんてぃごのす(英語表記)Antigonos Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンティゴノス(1世)
あんてぃごのす
Antigonos Ⅰ
(前382?―前301)

マケドニア貴族でアレクサンドロス大王の部将の一人。「隻眼」(モノフタルモスMonophthalmos)とあだ名される。東征に出陣したが、そうそうに占領地フリギアのサトラップ(総督)に任ぜられ(前333)、小アジアにとどまった。ディアドコイ戦争においては、帝国遺領の再統一を望んだため、分離派の諸将カッサンドロス、リシマコス、セレウコス、プトレマイオスの共同反撃を受けた。紀元前307年息子デメトリオス(1世)がアテネを解放。自身も前306年キプロス島サラミス沖にプトレマイオスを破ったのを機に、対抗者たちに先駆けて同年息子ともどもマケドニア王を称したが、前301年イプソスの戦いに敗死。都市建設ではオロンテス河畔に自らの名を冠したアンティゴネイアをつくった。

[金澤良樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アンティゴノス(1世)
Antigonos Ⅰ

前382ごろ〜前301
アレクサンドロス大王の部将。マケドニアのアンティゴノス朝の始祖
小アジアのフリギア長官となり,大王の死後領土を拡大して王を称した。他の後継者たちが反抗し,前301年イプソスの戦い敗死以後,ヘレニズム帝国は3分された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android