コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テネシン てねしんtennessine

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テネシン
てねしん
tennessine

超アクチノイド人工放射性元素の一つ。原子番号117、元素記号Ts。周期表第17族に属する。新元素として認定されるまでの暫定名称はウンウンセプチウムununseptium(暫定元素記号Uus)。2009年に行われたアメリカとロシアの共同研究でカルシウム原子核をバークリウム原子核に衝突させる実験によって117番元素が合成されたとの報告が2010年にあり、2014年にはドイツのダルムシュタット重イオン研究所で、バナジウム原子核とプルトニウム原子核、あるいはチタン原子核とアメリシウム原子核の衝突実験による117番元素の生成が報告された。
 2015年12月、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、IUPACと国際純粋・応用物理学連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)の共同作業部会(JWP:Joint Working Party)が117番元素の発見を承認したことを発表し、ロシアのドゥブナ研究所(ドゥブナ合同原子核研究所)、アメリカのローレンス・リバモア国立研究所、同じくオークリッジ国立研究所の共同研究グループに、115番元素とともに117番元素の元素名提案権を与えた。2016年6月、オークリッジ国立研究所所在地のテネシー州にちなんだ元素名テネシンtennessineと元素記号Tsが提案され、同年11月に公認された。周期表第17族はハロゲン族元素であり、フッ素からアスタチンに至る英語元素名の語尾がすべて-ineとなるところから、tennessineとなっている。
 質量数293と294の同位体報告例があるが、いずれもきわめて短い半減期でα(アルファ)崩壊してモスコビウムになる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

テネシン(tennessine)

超アクチノイド元素超ウラン元素の一。2009年、ロシアと米国の共同研究チームが、バークリウムカルシウムの原子を衝突させて生成した。ウンウンセプチウム(ununseptium、元素記号Uus)の暫定名で呼ばれていたが、2016年にIUPAC(国際純正・応用化学連合)により正式名とされた。研究チームのうち米国側の、オークリッジ国立研究所やバンダービルト大学などがあるテネシー州にちなむ。元素記号はTs 原子番号117。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テネシン
tennessine

人工元素の一つ。元素記号 Ts。原子番号 117。2010年にロシアとアメリカ合衆国の研究グループが,ロシアの合同核研究所 JINRのサイクロトロンで, 22mgのバークリウム同位体(質量数 249)とカルシウム同位体(質量数 48)を衝突させることで,117番元素の原子 が 6個生成されたと発表した。それらの原子の質量数は 293と 294であった。質量数 293の原子 5個は 0.014秒で崩壊してレントゲニウムになり,質量数 294の原子 1個は 0.078秒で崩壊してドブニウムになった。117番元素の化学的特性はアスタチンに似ていると考えられる。名称のテネシンは,元素の発見に貢献したアメリカのオークリッジ国立研究所があるテネシー州にちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テネシンの関連キーワードテネシン(データノート)原子量一覧/元素名順

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テネシンの関連情報