コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テネシン てねしん tennessine

1件 の用語解説(テネシンの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テネシン
てねしん
tennessine

アクチノイド人工放射性元素の一つ。原子番号117、元素記号Ts。周期表第17族に属する。新元素として認定されるまでの暫定名称はウンウンセプチウムununseptium(暫定元素記号Uus)。2009年に行われたアメリカロシアの共同研究でカルシウム原子核をバークリウム原子核に衝突させる実験によって117番元素が合成されたとの報告が2010年にあり、2014年にはドイツダルムシュタット重イオン研究所で、バナジウム原子核とプルトニウム原子核、あるいはチタン原子核とアメリシウム原子核の衝突実験による117番元素の生成が報告された。
 2015年12月、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、IUPACと国際純粋・応用物理学連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)の共同作業部会(JWP:Joint Working Party)が117番元素の発見を承認したことを発表し、ロシアのドゥブナ研究所(ドゥブナ合同原子核研究所)、アメリカのローレンス・リバモア国立研究所、同じくオークリッジ国立研究所の共同研究グループに、115番元素とともに117番元素の元素名提案権を与えた。2016年6月、オークリッジ国立研究所所在地のテネシー州にちなんだ元素名テネシンtennessineと元素記号Tsが提案され、同年11月に公認された。周期表第17族はハロゲン族元素であり、フッ素からアスタチンに至る英語元素名の語尾がすべて-ineとなるところから、tennessineとなっている。
 質量数293と294の同位体報告例があるが、いずれもきわめて短い半減期でα(アルファ)崩壊してモスコビウムになる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テネシンの関連情報