コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュベ Jean Duvet

世界大百科事典 第2版の解説

デュベ【Jean Duvet】

1485‐1576
フランス16世紀を代表する腐食銅版画家,金銀細工師。ラングールに生まれる。一角獣を題材とした6点の作品により〈一角獣の版画家〉とも呼ばれる。初期にはM.ライモンディやA.マンテーニャらイタリアの版画家の影響を受けた。また,当時プロテスタントの牙城であったジュネーブにたびたび住んだ。1561年,リヨンで《黙示録図説》を出版。これには22点の黙示録連作のほか,聖ヨハネの姿で表された自画像を含んでいる。独創性が極めて濃く,《黙示録》では,デューラーのそれを参考にしながら,奥行きの浅い稠密(ちゆうみつ)な画面を,よじれたマニエリスム的身体とむしろ古典的な容貌を持つ人物たちが占めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デュベの関連キーワードデュベルジエ・ド・オーランヌブルボン公ルイ・アンリポール=ロワイヤルテクノデモクラシーアフリカ民族会議戦略的投票行動ジャンセニズムフランス社会党ジャンセニスムサン・シランボーマルシェヤンセニウスヤマカガシ悲しき熱帯デュベル毒ヘビ政党

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android