コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュベ Jean Duvet

2件 の用語解説(デュベの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュベ【Jean Duvet】

1485‐1576
フランス16世紀を代表する腐食銅版画家,金銀細工師。ラングール生まれる。一角獣を題材とした6点の作品により〈一角獣の版画家〉とも呼ばれる。初期にはM.ライモンディやA.マンテーニャイタリアの版画家の影響を受けた。また,当時プロテスタントの牙城であったジュネーブにたびたび住んだ。1561年,リヨンで《黙示録図説》を出版。これには22点の黙示録連作のほか,聖ヨハネの姿で表された自画像を含んでいる。独創性が極めて濃く,《黙示録》では,デューラーのそれを参考にしながら,奥行きの浅い稠密(ちゆうみつ)な画面を,よじれたマニエリスム的身体とむしろ古典的な容貌を持つ人物たちが占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

デュベ(〈フランス〉duvet)

《鳥の綿毛の意》羽毛布団。また、羽毛入りキルトで作ったベッドカバー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュベの関連キーワードぶらんこフランドル楽派フレンチフランス窓フランドル派フランス刺繍フランスソワールマンデスフランスランブイエ城マルモンテル, フランソワ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュベの関連情報