一角獣(読み)いっかくじゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「一角獣」の解説

一角獣
いっかくじゅう

英語名はユニコーンunicorn。中世ヨーロッパの伝説にしばしば登場する想像上の動物。通常、馬の体にねじれた1本の(つの)をもち、色は白く、ときには頭部のみ赤く、青い目をもつといわれる。その性は勇猛でアレクサンドロス大王に比せられ、一角獣が飲んだ水は無毒となり、その角は最上の解毒剤と信じられた。角をとるために狩りが行われてもしばしば失敗するが、美しい処女の膝(ひざ)に枕(まくら)しておとなしくなるため、一角獣狩りにはこの手段がとられた。この両者の組合せには性的な意味がある。キリスト教的には世と戦いマリアにかしづくキリストを象徴、紋章ではスコットランドの王室を表し、イングランドのライオンと並んで、イギリスを象徴するようになった。一角獣の角として展示されているものはしばしばイッカクというハクジラのそれである。パリのクリュニー美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館所有のタペストリーに描かれ、リルケ、イェーツ、ガルシア・ロルカなどの詩に現れる。

[船戸英夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「一角獣」の解説

いっかく‐じゅう ‥ジウ【一角獣】

〘名〙
① 中国の伝説上の動物「きりん(麒麟)」の異名。
※歯車(1927)〈芥川龍之介〉五「林檎(りんご)はいつか黄ばんだ皮の上へ一角獣(イッカクジウ)の姿を現してゐた」 〔史記‐孝武本紀〕
② ヨーロッパに伝わる伝説上の動物。体はウマの形をし、額に魔力を持つ一本の角が生えている。ユニコーン。
※フランスの百科辞典について(1950)〈渡辺一夫〉二「一角獣(ウニコルヌ)の特性とかいうものにも興味はあったろうが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「一角獣」の解説

一角獣 (イッカクジュウ)

動物。想像上の動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の一角獣の言及

【ユスティナ】より

…美術ではうら若い王女の姿で表現され,持物は胸に突き刺さった剣やシュロの葉など。アンティオキアの同名の聖女の持物,一角獣(純潔の象徴)を伴うこともある。祝日は10月7日。…

【ユニコーン】より

…ヨーロッパで力と純潔の象徴とされる架空の動物で,〈一角獣〉と訳される。馬の額に長い角(しばしば螺旋状によじれた角)を生やし,山羊の髭,割れたひづめを持つ獣の姿で図像化される。…

※「一角獣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android