デュラック(英語表記)Edmund Dulac

世界大百科事典 第2版の解説

デュラック【Edmund Dulac】

1882‐1953
フランスのトゥールーズに生まれた挿絵画家。主としてイギリスで制作活動を行い,1912年に帰化している。《アラビアン・ナイト》(1907)の幻想的な挿絵で一躍名を知られ,以後は《テンペスト》(1908),《眠れる森の美女》(1910)などの題材絵筆ふるい,やがて東洋画のスタイルにもひかれていった。晩年は英仏両国の切手のデザインをも手がけ,ラッカムとともに〈挿絵黄金期〉と呼ばれる20世紀初頭の挿絵本界における代表的画家とみなされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android