コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュラック Edmund Dulac

世界大百科事典 第2版の解説

デュラック【Edmund Dulac】

1882‐1953
フランスのトゥールーズに生まれた挿絵画家。主としてイギリスで制作活動を行い,1912年に帰化している。《アラビアン・ナイト》(1907)の幻想的な挿絵で一躍名を知られ,以後は《テンペスト》(1908),《眠れる森の美女》(1910)などの題材に絵筆をふるい,やがて東洋画のスタイルにもひかれていった。晩年は英仏両国の切手のデザインをも手がけ,ラッカムとともに〈挿絵黄金期〉と呼ばれる20世紀初頭の挿絵本界における代表的画家とみなされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュラックの関連キーワードアラビアン・ナイト11月17日千夜一夜物語フランス映画10月22日ウィンダム映画理論実験映画前衛映画

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android