コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュラン=リュエル Durand-Ruel, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュラン=リュエル
Durand-Ruel, Paul

[生]1831. パリ
[没]1922. パリ
フランスの画商印象主義の画家の擁護者として有名。 1867年パリのラファイエット街に画廊開設。 69年美術雑誌『趣味と芸術』を創刊し,A.ルノアールや C.ピサロに関する記事を執筆。 72年 E.マネの作品を 23点買い,一時財政危機に瀕したが,86年アメリカで印象主義展を開催,アメリカにも画廊を開設 (1889~1950) した。 1924年パリの画廊はフリートラント通りに移転,2人の孫ピエールとシャルルに継承され,現代美術の貴重な資料を保管している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デュラン=リュエルの関連キーワードサティ:「星の息子」への前奏曲/piano solo

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android