コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュランド Durand, Asher Brown

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュランド
Durand, Asher Brown

[生]1796.8.21. ニュージャージー,ジェファーソンビレッジ
[没]1886.9.17. ニュージャージー,ジェファーソンビレッジ
アメリカの画家,版画家。 1812年に版画家 P.マバリクの弟子となり,J.トランブルの油彩画『独立宣言』の版画化で名声を得る。 35年からアメリカ大統領など名士の肖像を描き,画家としても独立。 40年ヨーロッパに遊学,C.ロランやオランダの風景画家の作品に影響され,帰国後は風景画に専念,ハドソン川派の中心的存在となる。ナショナル・アカデミー・オブ・デザイン創立者の一人で,45~61年同会長。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のデュランドの言及

【缶詰】より

…それから約60年後フランスのパスツールによって細菌学的に加熱殺菌の理論が証明されるまでは,このような誤りが正しいものと信じられていた。1810年イギリスのデュランドPeter Durandは食品の貯蔵法およびガラス製容器,つぼ,ブリキ缶など,ふたをする容器に対して政府の特許を得た。方法はアペールと同様であるが,目的は容器として缶を使用することにあったので,デュランドをブリキ缶使用の開祖としている。…

※「デュランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュランドの関連キーワードコール(Thomas Cole)クレア フィッシャーハドソン・リバー派ハドソン・リバー派パクトニスタン運動ホイットリッジアメリカ美術缶詰

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android