コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デューズベリー Dewsbury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デューズベリー
Dewsbury

イギリスイングランド中北部,ウェストヨークシャー地域中部,カークリーズ地区の町。リーズの南南西約 14km,ペナイン山脈東麓にあり,コールダー川に臨む。のちに初代ヨーク大司教となった聖パウリヌスが 627年ここで説話を行なったといわれ,またロビン・フッドが死亡し埋葬された地といわれる。13世紀には毛織物工業が立地していたが,町の発展は産業革命ののちで,以降毛織物工業の大中心地となった。20世紀後半になると織物工業は衰退し,機械工業や軽工業などが行なわれるようになった。人口 5万4341(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デューズベリーの関連キーワードアリステア ブラウンリーアンソニー ニューリーダービー(イギリス)リチャードソン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android