コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・ファイユ Noël Du Fail

世界大百科事典 第2版の解説

デュ・ファイユ【Noël Du Fail】

1520?‐91
フランスの物語作家。ブルゴーニュ地方の貴族で有能な裁判官であったが,生涯にわたって農村を舞台にした小話集を書き綴った。《田園閑談》(1547)は樫の木陰で村の長老たちが語り合う昔話を記録し,《よしなし草》(1548)は作者の分身などが村の中で遭遇したできごとを集めたという体裁をとったものである。いずれも精密な田園生活の描写において優れ,方言を活用した生き生きした文体ラブレーの影響の大きさを思わせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュ・ファイユの関連キーワードルターセリム悲しき夜パディリャマチューカモンテスマ2世コムニダーデスの乱シャステル宗教改革バフマン朝

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android