コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンシワーイ事件 デンシワーイじけん

1件 の用語解説(デンシワーイ事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デンシワーイじけん【デンシワーイ事件】

1906年,イギリスの植民地支配下にあるエジプトのデンシワーイDanshiwāy村で鳩撃ちに来たイギリス兵士と農民との間におこった事件。死亡したイギリス兵士をめぐる裁判で多数の農民がみせしめに絞首刑にされたため,これまで比較的沈黙を守ってきたエジプトの大衆は,民族解放運動を積極的に支持するようになった。こうした状況の中で国民党をはじめとする諸政党がエジプトではじめて組織化されて民族解放運動は新たな段階に入るが,結局運動は知識人層にのみとどまり,せっかくの民族的高揚はその後停滞してしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デンシワーイ事件の関連キーワードイギリス東インド会社イギリス連邦ケープ植民地植民地イギリスビルマ戦争コロニアル配下イギリス巻コロニアルスタイル朝鮮半島からの徴用

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone