コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データベースソフト でーたべーすそふと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

データベースソフト

データを整理して蓄積し、さまざまな組み合わせで取り出すことのできるソフトウェアのこと。データの追加や削除、検索なども容易にできる。代表的なものに、マイクロソフトAccessオラクルOracle、ファイルメーカーのFile Makerなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

データベースソフト

データベースを扱うためのアプリケーションソフト。データを管理して、検索や抽出、並べ替えなどの処理を行う。オラクルのOracle Database、マイクロソフトのMicrosoft Accessなど。◇和製語。「データベースソフトウェア(database software)」の略。さらに短く略して「データベース」ともいう。⇒アプリケーションソフト

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

データベースソフトの関連キーワード2007 Microsoft Office systemCumulus Desktopマイクロソフトオフィスアクセスリレーショナル・データベース4th DimensionサンマイクロシステムズマイクロソフトオフィスフュージョンパートナーファイルメーカーProフィールド/レコードパーマネントファイルカード型データベースデータ・マイニングFileMakerライブバックアップタブ区切りテキスト日本オラクル[株]データベース機能スーパーオフィスオートフィルター

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

データベースソフトの関連情報