コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データ伝送 データでんそう

百科事典マイペディアの解説

データ伝送【データでんそう】

コンピューターを中心にデータの処理通達を行う方式。情報処理装置の入力または出力であるデータを通信装置と組み合わせて伝送するもので,正確・敏速に収集処理できる。データは数字,記号等からなり,1または0の2元符号に変換して,電話や電信の線路を使って伝送する。
→関連項目電信ボーレート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

データ伝送
データでんそう

データ通信」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

データ伝送の関連キーワードGigabit Ethernetヒューマンインターフェースパラレル・インターフェースFireWire 800シリアルインターフェイスパラレルインターフェイスデジタルインターフェイスDSSS日本テレコム[株]マンチェスター符号ガードインターバルIEEE1284光コンピューター情報交換用符号ケーブルモデム入出力制御装置HDLC 手順K56flex通信制御装置バスマスター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android