コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーミアン Demian

1件 の用語解説(デーミアンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デーミアン【Demian】

ヘッセ作の小説。1919年刊。主人公の少年シンクレーアが自分自身に目覚めていく過程を描いた作品で,第1次大戦敗戦後混迷するドイツの青年たちに感激をもって迎えられた。少年シンクレーアは級友デーミアンを通じてしだいに暗い無意識界の意義を知り,自己の内面への道を歩む。そしてついにデーミアンの母にいっさいの統一の象徴を見る。第1次大戦に応召して戦傷に倒れ,デーミアンと再会して真の自分自身を見いだす。この作品は戦争という時代の危機と,末子の重病,父の死,妻の精神病など家庭的危機に直面するなかで,精神分析学の手法を借りて内面へ凝集することによって既成の価値観から抜け出ようと試みた意欲作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデーミアンの言及

【ヘッセ】より

…このころ家庭的不幸が加わり内外の苦難のためノイローゼに陥って,精神分析の治療を受け,C.G.ユングとも接触した。この経験をもとに《デーミアン》(1919)を書く。この作品以後,従来の抒情性よりも意識的に精神の世界を探求する知的な面を強めていく。…

※「デーミアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デーミアンの関連キーワード石英岩サイモン委員会高野岩三郎中国国民党メンケンレギア干渉リップルタウスク堀口大学猶存社

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デーミアンの関連情報