コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ラ・クルス Apolinario de la Cruz

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ラ・クルス【Apolinario de la Cruz】

1815‐41
フィリピンの宗教運動指導者。通称はエルマノ・プーレHermano Pule。ルソン島タヤバス州(現,ケソン州)ルクバン町生れ。15歳ころ修道会士を志してマニラへ出たが,修道会の人種差別で志を果たせなかった。そこで,フランシスコ会経営の病院で召使を務めつつ教義を習得。1832年ころサン・ホセ信徒団Cofradía de San Joséを結成した。植民者スペイン人や中国系商人が富の力で免罪を得,天国への道を保証されている状況に反発して,ひたすらな〈祈り〉で天国を追求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ラ・クルスの関連キーワードクルス(San Juan de la Cruz)ラテンアメリカ文学ヨハネ[十字架の]ホセ・F. ラカバヨハネ(十字架の)コロルム講の反乱A. ユパンキデ・ラ・クルス11月12日スペイン文学テネリフェ島3月28日バラグタス6月24日コロルムユパンキ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デ・ラ・クルスの関連情報