コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ラ・クルス Apolinario de la Cruz

1件 の用語解説(デ・ラ・クルスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ラ・クルス【Apolinario de la Cruz】

1815‐41
フィリピンの宗教運動指導者。通称はエルマノ・プーレHermano Pule。ルソン島タヤバス州(現,ケソン州)ルクバン町生れ。15歳ころ修道会士を志してマニラへ出たが,修道会の人種差別で志を果たせなかった。そこで,フランシスコ会経営の病院で召使を務めつつ教義を習得。1832年ころサン・ホセ信徒団Cofradía de San Joséを結成した。植民者スペイン人や中国系商人が富の力で免罪を得,天国への道を保証されている状況に反発して,ひたすらな〈祈り〉で天国を追求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ラ・クルスの関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇日本海および海底地名の変更要求教科支援エキスパートLGBTとカミングアウト浅田宗伯朝夷巡島記

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デ・ラ・クルスの関連情報