コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ラ・クルス Apolinario de la Cruz

1件 の用語解説(デ・ラ・クルスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ラ・クルス【Apolinario de la Cruz】

1815‐41
フィリピンの宗教運動指導者。通称はエルマノ・プーレHermano Pule。ルソン島タヤバス州(現,ケソン州)ルクバン町生れ。15歳ころ修道会士を志してマニラへ出たが,修道会の人種差別で志を果たせなかった。そこで,フランシスコ会経営の病院で召使を務めつつ教義を習得。1832年ころサン・ホセ信徒団Cofradía de San Joséを結成した。植民者スペイン人や中国系商人が富の力で免罪を得,天国への道を保証されている状況に反発して,ひたすらな〈祈り〉で天国を追求した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デ・ラ・クルスの関連キーワードタガログ族フィリピン海フィリピン海溝比国比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲フィリピン毛頭虫感染マレーシアとフィリピン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デ・ラ・クルスの関連情報