コロルム(英語表記)Colorum

世界大百科事典 第2版の解説

コロルム【Colorum】

フィリピンで,おもに1920‐30年代に発生した千年王国主義的な社会運動に対して,外部者が付した名称。この語の起源は,19世紀初期にデ・ラ・クルスが結成したサン・ホセ信徒団の別称に遡る。しかし20世紀のコロルム運動とサン・ホセ信徒団の間に直接のつながりはない。1920,30年代には,ミンダナオ島のスリガオ地方からビサヤ諸島,ルソン島諸州にいたるフィリピン各地で,コロルムの反乱が続発した。これら諸コロルム間には組織的連携はなかったが,以下のようないくつかの共通した性格がみられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコロルムの言及

【デ・ラ・クルス】より

…〈サン・ホセ信徒団の反乱〉と呼ばれるこの蜂起は,フィリピンのフォーク・カトリシズムの文脈で構築された反植民地闘争の典型であった。信徒団員が祈りの最後に唱和したラテン語の文句〈終りなき世界をper omnia saecula saeculorum〉から,部外者はこの信徒団を別称コロルムと呼んだ。【池端 雪浦】。…

※「コロルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android