トウザヨリ(読み)とうざより(英語表記)oceanic halfbeak

  • Euleptorhamphus viridis
  • oceanic halfbeaklongfinned halfbeak
  • とうざより / 唐細魚

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱ダツ目サヨリ科に属する海水魚。千葉県、富山湾以南の各地、太平洋、インド洋の温帯・熱帯海域に分布する。体は帯状でよく延長する。下顎(かがく)は上顎より著しく長い。背びれと臀(しり)びれは体の後部にあってほぼ対位する。吻(ふん)の背面に鱗(うろこ)がない。尾びれの上葉は短いが、下葉は上葉より著しく長い。サヨリ科のなかでは胸びれが頭長よりも長く、脊椎(せきつい)骨数が70個前後あって多いのが特徴である。腹びれは体の中央部より後方にあって短い。体の背側面は青緑色。全長60センチメートル余りになる。胸びれを広げて、体をへの字型に曲げて海面上を滑空する。肉が薄いので食用にしない。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android