トウフジウツギ(読み)とうふじうつぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウフジウツギ
とうふじうつぎ / 唐藤空木
[学]Buddleja lindleyana Fort.

フジウツギ科の落葉低木。沖縄で古くから栽培されたのでリュウキュウフジウツギともいう。茎は四角形ですこし翼がある。葉は卵形から卵状披針(ひしん)形で長さ5~10センチメートル、全縁または波状に浅く切れ込む鋸歯(きょし)がすこしある。紫色の花を穂状に多数つける。中国中南部原産。有毒植物である。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトウフジウツギの言及

【ブッドレア】より

…日本にはフジウツギB.japonica Hemsl.とウラジロフジウツギB.curviflora Hook.et Arn.f.venefera (Makino) Yamazakiが自生し,後者は魚毒として使う。琉球で古くから栽培されるトウフジウツギB.lindleyana Fort.は中国原産である。この属にはリウマチなどの薬としたり,花を衣類の染料,葉をバターの着色,材を農具などとする種がある。…

※「トウフジウツギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android