トカドヘチマ(読み)とかどへちま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トカドヘチマ
とかどへちま / 十角糸瓜
[学]Luffa acutangula Roxb.

ウリ科の一年生つる草。ヘチマの近縁種。熱帯アジア原産。茎は3メートル以上になり、巻きひげで他物に絡みつく。葉の切れ込みは浅い。雌雄異花。6~9月に花を開き、花弁は5枚で、淡黄色。花は夕方から開花して翌日にはしぼむ。果実は長さ10~40センチメートル、直径8~10センチメートル。表面に10本の縦の稜(りょう)があり、横断面が十角になるのでトカドヘチマの名がある。熱帯アジア、中国南部などで栽培が多く、若い果実を煮物、油炒(いた)め、汁の実などにし、インド、スリランカなどではカレー料理に入れる。日本には昭和初期に伝来したが、気候的にも不適で栽培利用されていない。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトカドヘチマの言及

【ヘチマ(糸瓜)】より

…繊維は弱くたわしには不適で,観賞用。近縁のトカドヘチマL.acutangula Roxb.は熱帯アジア原産で,果実の表面に10本の稜があり,インドや中国で野菜として栽培されている。【星川 清親】。…

※「トカドヘチマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android