トジェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂(読み)トジェビーチのユダヤじんがいとプロコピウスせいどう

世界遺産詳解の解説

トジェビーチのユダヤじんがいとプロコピウスせいどう【トジェビーチのユダヤ人街とプロコピウス聖堂】

2003年に登録されたチェコの世界遺産(文化遺産)。トジェビーチは、モラヴィア地方南西部、ヴィソチナ州トジェビーチ郡にある人口約4万人の都市。ここには古くからのユダヤ人街、ユダヤ人墓地と、プロコピウス聖堂があり、ユダヤ教徒とキリスト教徒が共存し、独特の文化と景観をつくりあげてきた。プロコピウス聖堂は13世紀初頭、ベネディクト会の修道院の一部として設立されたもので、以降改築され、ロマネスク様式や初期ゴシック様式の特徴を備えた建造物として現在に至っている。◇英名はJewish Quarter and St Procopius' Basilica in Třebíč

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android