コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トハリスタン トハリスタンTokharistan

1件 の用語解説(トハリスタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トハリスタン
Tokharistan

今日のアフガニスタン北部,アムダリア中流域をさす地名。ペルシア語トハラ (トカラ) 人の土地を意味する。南北朝時代の中国の史書には吐火羅,玄奘の『大唐西域記』には覩貨邏の名でみえる。古来東西交通路の中心としてバクトリア,大月氏 (→月氏 ) ,クシャン朝などがこの地に栄えた。なお『大唐西域記』などによれば,タリム盆地東部にもトハラ人の土地があったことは確かであるが,これと上記トハリスタンと関係があるかどうかは不明である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone