トマス・マギステル(英語表記)Thomas Magister

世界大百科事典 第2版「トマス・マギステル」の解説

トマス・マギステル【Thomas Magister】

13世紀末ないし14世紀初めに活躍したビザンティン帝国の古代ギリシア文学研究者。生没年不詳。皇帝アンドロニコス2世の秘書を務めた後,テオドゥロスTheodoulosと改名して修道士となり研究に専念した。アイスキュロスソフォクレスエウリピデスアリストファネスの劇作品のテキストを校訂し,注釈を施した。またフリュニコスの単語集をもとに独自の資料も付け加えて《アッティカ語動詞名詞選》を編み,古典ギリシア語の保存に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android