コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマス・マギステル Thomas Magister

世界大百科事典 第2版の解説

トマス・マギステル【Thomas Magister】

13世紀末ないし14世紀初めに活躍したビザンティン帝国の古代ギリシア文学研究者。生没年不詳。皇帝アンドロニコス2世の秘書を務めた後,テオドゥロスTheodoulosと改名して修道士となり研究に専念した。アイスキュロスソフォクレスエウリピデスアリストファネスの劇作品のテキストを校訂し,注釈を施した。またフリュニコスの単語集をもとに独自の資料も付け加えて《アッティカ語動詞名詞選》を編み,古典ギリシア語の保存に努めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

トマス・マギステルの関連キーワードトリクリニオス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android