トラバンコール・コーチン藩王国(読み)トラバンコールコーチンはんおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

トラバンコールコーチンはんおうこく【トラバンコール・コーチン藩王国】

南インドのマラバル海岸に面し,トラバンコールとコーチンはいずれも1795年から1947年までイギリス保護下にあった藩王国。住民の共通言語はマラヤーラム語Malayālam。1927年12月に英領インド内の民族主義者も加わり,全インド藩王国人民会議All‐India States’ Peoples Conferenceが創設され,その指導でこの両藩王国でも民主的政体を求める運動が展開された。47年8月のインド独立に際し,両国とも藩王はインドへの編入を表明し,円滑に併合された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android