コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラバンコール・コーチン藩王国 トラバンコールコーチンはんおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

トラバンコールコーチンはんおうこく【トラバンコール・コーチン藩王国】

南インドのマラバル海岸に面し,トラバンコールとコーチンはいずれも1795年から1947年までイギリス保護下にあった藩王国。住民の共通言語はマラヤーラム語Malayālam。1927年12月に英領インド内の民族主義者も加わり,全インド藩王国人民会議All‐India States’ Peoples Conferenceが創設され,その指導でこの両藩王国でも民主的政体を求める運動が展開された。47年8月のインド独立に際し,両国とも藩王はインドへの編入を表明し,円滑に併合された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トラバンコール・コーチン藩王国の関連キーワードトリバンドラム

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android