コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラレス Tralles; Tralleis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラレス
Tralles; Tralleis

小アジアのリュディア,ときとしてカリアに属した古代都市。現アイディン。マイアンドロス川流域の最も肥沃な地方に位置する。通商上の要衝。前4世紀中頃には土着の王朝ヘカトンニダエのもとにあったが,ヘレニズム時代にも繁栄し,セレウコス朝時代にはセレウキア,ペルガモン王国下ではアントニアと改名された。その後地震で破壊されたが,ローマのアウグスツス帝が再建し,カエサレアと命名。聖イグナチウスがここのキリスト教会に書簡を送った。古銭や碑文により,その社会や宗教について知ることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トラレスの関連キーワードアレクサンドロス[トラレス]イシドロス[ミレトス]イグナティオスの手紙ハギア・ソフィアアイドゥン侯国アイドゥン

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android