コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスファー論争 トランスファーろんそう transfer controversy

2件 の用語解説(トランスファー論争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランスファー論争
トランスファーろんそう
transfer controversy

第1次世界大戦後のドイツの賠償金支払いに関して J.M.ケインズと B.G.オリーンとの間に展開された論争。金銭賠償は支払国が輸入の削減か輸出の増加により輸出超過生み出すことによって支払われなければならないが,ケインズは賠償受取国で急速な需要の増加がないかぎり,支払国は賃金切下げ,輸出品価格引下げによって輸出を増加させること (価格効果) が必要であり,また賠償金のための課税による国内購買力の減少がそのまま輸入の減少となることが必要であるが,実際にはこれらはいずれも困難であり,したがって金銭賠償は不可能だと論じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスファー論争
とらんすふぁーろんそう
transfer controversy

第一次世界大戦後ドイツの賠償金取り立てをめぐって、J・M・ケインズとB・G・オリーンの間で行われた論争のこと。賠償金という貨幣的移転(トランスファー)がどのようにして実物的移転となるかにつき、両者の見解が対立した。ケインズは、ドイツでは賠償金支払いのためまず増税をする必要があり、ついでそれを諸外国に移転するために輸出超過を創出しなければならず、そのためには交易条件の悪化、生活水準の低下は避けられないとした。これに対しオリーンは、ドイツでは購買力の減少によって輸入が減り、諸外国では受け取った賠償金のなかからドイツ商品を買うのでドイツの輸出増となり、交易条件の悪化なしに輸出超過を創出することができるとした。この論争は後の国際収支調整論の糸口となった。[土屋六郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトランスファー論争の言及

【トランスファー問題】より

…同様の困難な問題は民間部門による資本輸出や過去の債務の返済に伴う資金の移動についても存在するとしばしばいわれるが,しかし民間のみによる資本移動の場合は同時に利子や物価,所得がこのような資金の移転を可能にするように市場メカニズムによって変動しているため,トランスファー問題はあまり問題とならない。 トランスファー問題に関連した歴史的に有名な話に,第1次大戦後の敗戦国ドイツが多額の賠償金を戦勝国に支払わねばならなかったとき,トランスファー問題が存在し重大な問題であると主張したJ.M.ケインズと,存在するがそれほど重大でないと主張したB.G.オリーンとの論争(トランスファー論争)がある。【鬼塚 雄丞】。…

※「トランスファー論争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トランスファー論争の関連キーワード西洋の没落第2次世界大戦ドーズ案ロンメルドイツ村公園BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)戦争責任《第2次世界大戦》相殺払い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone