コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスレーティング

1件 の用語解説(トランスレーティングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トランスレーティング

データファイルの圧縮・符号化形式(エンコード)を変更せずに、ビットレートだけを変更すること。特に映像のビットレート変換を指す場合が多い。ビットレートは1秒間あたりのデータ量を示し、映像ファイルでは表示解像度が高い/フレームレートが高いほど、また画面あたりの圧縮率が低い=画質が高いほどデータ量が増え、ビットレートは上がる。一般にトランスレートを行なうケースとしては、CD-R/RWDVD-R/RW/RAMなどの記録メディア1枚に収まりきらない動画ファイルを、ファイル分割することなくファイルサイズを縮小することが多い。なお、ビットレートを変更するほかに、1秒当たりのコマ数を間引くことでファイルサイズを縮小するトランスレートの手法もある。この場合は、1画面の画質には変化がないものの、素早い動きの早いシーンでは動きがぎこちなく見える場合がある。トランスレートもトランスコードと同様に、パソコンで実行する場合にはCPUが演算処理を行なうが、カナダATIテクノロジーズ社や米NVIDIA社のGPU(グラフィックスプロセッシングユニット、いわゆるグラフィックスチップ)ではCPUに代わって演算処理する機能が備わっている。また、ビデオキャプチャーカード/ビデオキャプチャーユニットによっては、搭載エンコードチップがトランスレートの演算処理を行なうものもある。ちなみに、表示解像度の変更を含めてエンコード形式の変更を伴う動画ファイルの変換処理は、“トランスコード"と呼んで区別される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランスレーティングの関連キーワード圧縮ファイル可逆圧縮データファイルデータフォーマットデコード符号化BMPベースろくじゅうよんRARデータ形式

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone