トリディマイト

百科事典マイペディア「トリディマイト」の解説

トリディマイト

組成がほぼ純粋なSiO2からなる鉱物で,石英クリストバライトなどと多形。リンケイ(鱗珪)石,リン石英とも。α,βの2態あり,α型は常温〜117℃まで準安定で存在,β型は117℃以上で存在し870〜1470℃が安定温度である。α型は斜方晶系,硬度7,比重2.27。無色〜白。安山岩石英粗面岩などの空洞産出

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のトリディマイトの言及

【シリカ鉱物】より

…化学組成SiO2で示される無水ケイ酸鉱物の総称で,天然には5種の鉱物として産出する。すなわち,石英,トリディマイトtridymite,クリストバライトコーサイトスティショバイトである。これらの中で,石英が最も普通な鉱物で,トリディマイトとクリストバライトは酸性火山岩中に産する。…

※「トリディマイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android