コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗珪石 リンケイセキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鱗珪石
りんけいせき
tridymite

珪酸(けいさん)鉱物の一種で、石英やクリストバル石などと同質異像の関係にある。火山岩、とくに安山岩やデイサイトのすきまや石基に産するほか、石質隕石(いんせき)の中にもまれに存在する。火山岩の空隙(くうげき)部では、無色透明ないし白濁した薄い六角板状結晶がみられることがある。このような結晶は、350℃以上の高温(1気圧の場合)で六方晶系の構造をもっているためできるのであるが、常温では外形はそのままで、結晶の内部は低温で安定な単斜晶系の構造に転位している。もろく、比重が小さいのが特徴である。日本では産地が多いが、とくに熊本市西区島崎の石神山のデイサイトの空隙部にフッ素エデン閃(せん)石や方解石とともに産するものは有名である。三連双晶、擬八面体をなすことが多いため、英名は、三つの双晶を意味するギリシア語に由来する。和名は外形と化学成分からつけられた。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鱗珪石の関連キーワード二酸化ケイ素(データノート)鱗珪石(データノート)擬板チタン石二酸化ケイ素コース石シノ石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android