トリム運動(読み)トリムうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリム運動
トリムうんどう

スポーツによる健康増進運動。 1960年代後半にヨーロッパで広がった。最も有名なのは 70年4月に正式に発足した西ドイツのトリム運動 Trimm-Aktionで,その特徴はスポーツの種類とそれを行う時間を組合せた点にある。日本の体力つくりとほぼ同義で,体力を調整するという意味をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トリム‐うんどう【トリム運動】

スポーツ・医療・食事改善などにより、積極的に心身を調整し、健康の維持・増進を図ること。1967年、ノルウェーに始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トリムうんどう【トリム運動】

健康・体力づくり推進運動。心身のバランスの調整や回復を目的として、各人が手軽なスポーツを継続して実行しようというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android