コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルテカ族 トルテカぞくTolteca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルテカ族
トルテカぞく
Tolteca

メキシコ北部の砂漠地帯から各地を征服しながら南下し,10世紀に入ってメキシコ中央高原にたどりつき,トルテカ王国を築いた民族。ナワトル語を話し,族長のミシュコアトルの指揮のもとで,中央高原に定住していた農耕民に戦いを挑み,高原地帯の覇者となった。ミシュコアトルは暗殺されたが,彼の息子セ・アカトル・トピルツィンはみずからを農耕民の神ケツァルコアトル (羽毛のあるヘビ) の化身であると唱え,父の仇を討ったのち王座についた。トルテカの名称は,アシ (葦) のあるところという首都トゥラからきたものであるが,1168年に内紛と北方の諸民族の侵入により滅亡した。農耕や暦を発明したといわれるが,確かではない。しかし高度の建築や工芸の技術をもち,トルテカは技術者の別名となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トルテカ族の関連キーワードテオティワカン文化トゥランシンゴトルテカ文化イダルゴ州メキシコ史パパントラ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android