コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロイライト troilite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロイライト
troilite

磁硫鉄鉱のうち,その化学組成が FeS のもの。単硫鉄鉱と呼ばれることもある。隕石中にはよくみられるが,地球の岩石にみられることは大変珍しい。比重 4.6~4.8。新鮮なものは黄褐色,青銅状の光沢を示す。これを含む隕石を記述した D.トロイリにちなんで命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トロイライト【troilite】

単硫鉄鉱ともいう。化学組成FeSの鉱物。磁硫鉄鉱のうち,鉄と硫黄の比がほとんど1:1のものをいう。2C型磁硫鉄鉱。140℃以上では転移して1C型磁硫鉄鉱となる。六方晶系。色,光沢,硬度,へき開等は磁硫鉄鉱に同じ。比重4.65。磁性はない。隕石中に最初に発見したトロイリDominico Troiliにちなんで命名。隕石の主要な構成鉱物の一つで,ほとんどの隕石に数%以下含まれる。コンドライト中では金属鉄とともにケイ酸塩鉱物を囲み,鉄隕石中では金属相の中に粒状に存在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトロイライトの言及

【磁硫鉄鉱】より

…しかし,xの値および温度に応じて結晶系や単位格子,あるいは磁気的性質も,厳密には異なるので,本鉱を加熱した場合に得られる最も単純な単位格子(六方晶系,1C型)を基準として,1C~6C型および幾つかの中間型に細分される。FeS(x=0,トロイライト,2C型)は厳密に六方晶系。Fe11S12(x=0.08,6C型),Fe9S10(x=0.1,5C型)は単斜晶系。…

※「トロイライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トロイライトの関連キーワードエンスタタイト・コンドライトトランキリティアイトユーリー=クレイグ図硫化鉄鉱物硫化鉄鉱石質隕石硫化鉄

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android