コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁硫鉄鉱 じりゅうてっこうpyrrhotite

6件 の用語解説(磁硫鉄鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁硫鉄鉱
じりゅうてっこう
pyrrhotite

Fe1~xS (0≦ x <1) の硫化鉄。古銅黄ないし帯赤色で不透明,金属光沢をもつ板状,錐状の結晶。しかし普通は塊状,粒状の集合体である場合が多い。比重 4.58~4.65,硬度 3.5~4.5。温度により変態し,低温型,中間型,高温型に分けられる。塩基性火成岩,ペグマタイト,接触交代鉱床,高温熱水鉱脈などに硫鉄ニッケル鉱や他の硫化物と一緒に産出する。ノルウェーのコングスベル,ドイツのアンドレアスベルク,イタリアのトレンティーノ,カナダのサドバリーなどが有名な産地。 x =0の FeS はトロイライトまたは単硫鉄鉱と呼ばれ,いくつかの隕石の重要な構成鉱物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じりゅう‐てっこう〔ジリウテツクワウ〕【磁硫鉄鉱】

硫化物からなる鉱物。暗褐色で金属光沢があり、磁性を示す。結晶は六方晶系または単斜晶系接触交代鉱床熱水鉱床などに、他の硫化鉱物とともに産する。ピローライト。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁硫鉄鉱【じりゅうてっこう】

組成がFe1(/-)(/x)S(xは0〜0.125)で表される鉱物。xの値および温度に応じて結晶系,単位格子,磁気的性質も異なり,1C〜6C型およびいくつかの中間型に細分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じりゅうてっこう【磁硫鉄鉱 pyrrhotite】

磁性の強い鉄硫化鉱物。鉄と硫黄の比はほぼ1:1であるが,わずかに鉄の方が少ないので,化学成分はFe1~xSと記す。xの値は0~0.125程度。六方晶系であるとして,ほとんどの性質は理解できる。しかし,xの値および温度に応じて結晶系や単位格子,あるいは磁気的性質も,厳密には異なるので,本鉱を加熱した場合に得られる最も単純な単位格子(六方晶系,1C型)を基準として,1C~6C型および幾つかの中間型に細分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じりゅうてっこう【磁硫鉄鉱】

鉄と硫黄の化合物。赤色を帯び、金属光沢がある。磁性を示す。塩基性岩や接触交代鉱床に産し、鉄の鉱石の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁硫鉄鉱
じりゅうてっこう
pyrrhotite

硫化鉄鉱物の一つ。厳密には、鉱物学的に独立した、少なくとも6種の異なった化学組成の鉱物を含む総称的な名称である。接触交代鉱床スカルン型鉱床)、含銅硫化鉄鉱床、中~深熱水鉱脈鉱床、正マグマ性鉱床中などに産し、各種硫化鉱物と共存して産する。比較的高温、還元環境下での産物とみなされるが、硫黄(いおう)に比べて鉄の少ないものほど低温でできやすい傾向にあり、また磁力が強い。自形は六角板状ないし短柱状である。日本のおもな産地としては、岩手県釜石(かまいし)鉱山、埼玉県秩父(ちちぶ)鉱山、茨城県日立鉱山、愛媛県別子(べっし)鉱山などがある。利用としては、まず焼却して三二酸化物とし、これを鉄鉱石として用いている。英名は、ギリシア語の「赤」を意味する語pyrrosに由来する。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

磁硫鉄鉱の関連キーワード磁硫鉄鉱

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone