コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンガタプ島 トンガタプとうTongatapu Island

3件 の用語解説(トンガタプ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンガタプ島
トンガタプとう
Tongatapu Island

トンガ南部,南太平洋に浮かぶ同国最大の島。北岸に首都ヌクアロファ,南岸に国際空港がある。面積 260km2。人口6万 3614 (1986推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トンガタプ‐とう〔‐タウ〕【トンガタプ島】

Tongatapu》トンガ王国の島。トンガ諸島最大の島で、北岸に首都ヌクアロファがある。平坦な地形でココヤシ林が広がる。王族の墓や古代の石造建造物が残っている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンガタプ島
とんがたぷとう
Tongatapu

南太平洋、トンガ諸島最大の島。隆起サンゴ礁からなり、東西32キロメートル、南北10キロメートル、面積257平方キロメートル。人口6万6577(1996)。トンガタプとは、俗に「聖なるトンガ」の意とされるが、正確には「南のトンガ」という意味。島の北岸には、10世紀以来のトンガ王国の首都ヌクアロファがある。ココヤシ林に覆われた平坦(へいたん)な島で、史跡に富み、観光に力を入れている。島の南部、フアアモツ空港へは、フィジー、サモア、ニュージーランドから定期便がある。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トンガタプ島の関連情報