トンガタプ島(読み)トンガタプとう(英語表記)Tongatapu Island

デジタル大辞泉の解説

トンガタプ‐とう〔‐タウ〕【トンガタプ島】

Tongatapu》トンガ王国の島。トンガ諸島最大の島で、北岸に首都ヌクアロファがある。平坦な地形でココヤシ林が広がる。王族の墓や古代の石造建造物が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンガタプ島
とんがたぷとう
Tongatapu

南太平洋、トンガ諸島最大の島。隆起サンゴ礁からなり、東西32キロメートル、南北10キロメートル、面積257平方キロメートル。人口6万6577(1996)。トンガタプとは、俗に「聖なるトンガ」の意とされるが、正確には「南のトンガ」という意味。島の北岸には、10世紀以来のトンガ王国の首都ヌクアロファがある。ココヤシ林に覆われた平坦(へいたん)な島で、史跡に富み、観光に力を入れている。島の南部、フアアモツ空港へは、フィジー、サモア、ニュージーランドから定期便がある。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android