トンガタプ島(読み)とんがたぷとう(英語表記)Tongatapu

日本大百科全書(ニッポニカ)「トンガタプ島」の解説

トンガタプ島
とんがたぷとう
Tongatapu

南太平洋、トンガ諸島最大の島。隆起サンゴ礁からなり、東西32キロメートル、南北10キロメートル、面積257平方キロメートル。人口6万6577(1996)。トンガタプとは、俗に「聖なるトンガ」の意とされるが、正確には「南のトンガ」という意味。島の北岸には、10世紀以来のトンガ王国の首都ヌクアロファがある。ココヤシ林に覆われた平坦(へいたん)な島で、史跡に富み、観光に力を入れている。島の南部、フアアモツ空港へは、フィジー、サモア、ニュージーランドから定期便がある。

[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「トンガタプ島」の解説

トンガタプ‐とう〔‐タウ〕【トンガタプ島】

Tongatapu》トンガ王国の島。トンガ諸島最大の島で、北岸に首都ヌクアロファがある。平坦な地形でココヤシ林が広がる。王族古代の石造建造物が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android