コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンピン(東平)湖 トンピンこDongping hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンピン(東平)湖
トンピンこ
Dongping hu

中国東部,シャントン (山東) 省西部,ホワン (黄) 河の南岸付近にある湖。イーモン (沂蒙) 山地とホワン河の沖積地とにはさまれた低地にあり,湿地に囲まれる。古くは一帯が沼沢地で,梁山泊と呼ばれて『水滸伝』の舞台となった。またター (大) 運河が西方を通るが,1855年ホワン河が現在の河道をとるまでは,運河の水位を維持するうえに大きな役割を果した。土砂の堆積によって恒久的な水面はトンピン湖のみとなっている。 1967年ホワン河と結ぶ水路に水門が建設され,一帯は遊水池となって,ホワン河下流の洪水防止に役立っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トンピン(東平)湖の関連キーワードタイアン(泰安)特別市シャントン(山東)省ホーツォー地区

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android