トータリゼーター・システム(読み)とーたりぜーたーしすてむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トータリゼーター・システム
とーたりぜーたーしすてむ
totalizator system

トータリゼーターとは、賭(か)け金(きん)の集計や払戻し金の計算、表示をする機械設備のことだが、システムという場合は、ブックメーカー・システムと対照的な賭けのやり方のことで、現在日本をはじめ世界中の国々の競馬、ドッグレース、競輪など公認の賭け事の投票券の発売は、この方式で行われている。1865年フランスで、スペイン系のジョセフ・オレールが発明した方式で、当時フランスではパリ・ミュチュエルPari mutuel(お互い同士の賭けという意味)の名称でよばれた。賭け事に参加した人々は思い思いに金銭を賭けるが、的中した場合、払戻し金は、負けた人々の賭け金の合計を、的中した人々が、賭け金の額に応じて公平に案分して受け取る仕組みである。主催者は集計、支払いを正確に行い、配当金から法定の手数料を徴収する。
 このシステムは、主催者があらかじめ払戻し金の倍率を約束するブックメーカー・システムに比べ、合理的にできている。このシステムの発明によって、競馬やドッグレースなど、多数の観客を集めて開催する公認の賭け事が、急激に世界中に普及したといわれる。[倉茂貞助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトータリゼーター・システムの言及

【競馬】より

  Wは的中票数,Dは不的中票数この概算払戻率を各出走馬についてレース前に発表したものがオッズである。オッズの表示は日本では64年から行われ,当初は特殊な計算尺を用いるなどしていたが,現在ではコンピューターにより,オッズを刻々計算,表示するトータリゼーター・システムが採用されている。 海外の馬券についていえば,どの国でも単勝win,複勝placeは発売されている。…

※「トータリゼーター・システム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android